「どうして決まって、獅子は牡丹と、鳳凰は桐と、雀は竹とともに描かれるのでしょうか」  この1文は湯浅八郎記念 […]